在宅医療とは

在宅医療は通院が困難とされる患者様のご自宅に医師や看護師などの医療従事者が訪問し、外来(通院)と同様の診療が受けられる医療制度です。
在宅医療は大きく2つに分かれており、あらかじめ計画を作成して訪問する「訪問診療」と、その都度要請を受けて訪問する「往診」があります。

【訪問診療とは】

具体的には医師などが患者様のご自宅を定期的に訪問しますが、その際は患者様の生活環境、価値観を尊重し、ホームドクターとして外科的治療も含めたトータルケアをしていきます。なお、診療内容については外来時におけるものと同様で、診察、検査(血液、尿、心電図検査など)、(皮下・筋肉注射、静脈注射および点滴注射など)、外科的治療(褥瘡のケアなど)、薬の処方、看護、健康管理等を行っていきます。

当院では点滴・胃ろう腸ろう経管栄養・中心静脈栄養・糖尿病等の自己注射・在宅酸素療法・膀胱留置/気管切開カテーテル・持続皮下注射による癌性疼痛コントロール・ポケットを形成した褥瘡など、医療依存度の高い患者様の健康管理までしっかり行えるように、血液ガス分析検査、各種超音波検査、レントゲン検査等の精密検査が在宅にて行える体制にあり、患者様の生活の質を保ちながら診療・ケアを行い、総合病院への外来受診や入院する回数を減らし、患者様本人だけではなくご家族の負担も減らすようにしております。

訪問回数につきましては、月2回の訪問を原則としておりますが、重症の方や緩和ケアが必要とされる方など、病状により頻回訪問が必要な場合もあります。訪問回数についてのご要望につきましては個別にご相談ください。

【往診とは】

訪問診療を受けられている患者様が急な体調不良に見舞われ、ご家族などの要請に応じて医師が訪問予定日以外の日に急遽駆けつけることを往診と言います。当院はこの往診にも看護師とともに24時間365日の対応をいたします。そして診療の結果、入院加療が必要と医師が判断すれば、当院と病診連携している総合病院などの高度医療機関へスムーズに入院できる手配もいたします。

【在宅診療の対象となる患者様】

在宅診療の対象となる方は、通院が困難とされる患者様になります。したがって、年齢、性別、疾患および症状の程度は問いません。主に以下のような方が該当します。

  • 医療機関への通院が困難な方
  • 在宅での療養を希望される方
  • 退院後のケアが必要な方
  • 認知症の方
  • 寝たきりの方
  • がん末期、神経難病、重度の障がいがある方
  • 在宅療養が必要な慢性呼吸器疾患の患者様
  • 胃ろうや尿道カテーテル、人工肛門を使用している方 など